仕事を変えようと頑張る男女

日々頑張っているあなた。ここまで乗り越えてきた自分を褒めましょう。仕事の内容、人間関係など悩んだことも多々あったと思います。さて、今を見つめ直すタイミングがやってきました。このまま今の仕事を続けるかどうかはあなたの自由です。

仕事は定年まで続けるべきか

仕事はやりたい年齢までやり、引退したくなったら辞めれば良いです。途中で辞めて、しばらく休んでから、再び働き始めるという人だっています。つまり、定年は企業が決めた企業側の都合によるものなので、労働者は従うこともないのです。その企業に勤める以上は、定年退職を受け入れなければなりませんが、人によっては定年退職しても働き続けます。また、逆に定年まで何年も残っているのに早期退職して引退してしまう人もいます。引退するだけの十分の資金が貯まっていて、仕事に未練がないなら、早く引退してしまっても良いのです。ただし、退職金などを多くもらいたいなら、定年退職した方が良いということはあります。また、貯蓄額が十分でないという金銭的な問題があるなら、定年まで働いた方が良いです。さらには、世間体を気にしたり、仕事以外にやるべきことが分からなかったり、居場所が他にないなら、定年まで働いた方が良いでしょう。定年まで働くべきではありませんが、定年まで働いた方が良い理由がいくつかあるのは事実です。定年前に辞めると、金銭的には恵まれないことも多いです。贅沢をしなければ暮らせても、ゆとりある暮らしは不可能という場合もあります。質素な生活が嫌いでないなら悪くはないですが、みじめだと感じるなら早期の引退は向かない場合も多いです。また、日本にいると若いのに働かないと悪いような風潮もあります。世間体がとても悪いのです。人の自由ですが、日本社会は人に干渉する人が多く、働かない人に対して非常に厳しいので、日本国内にいるなら、早期引退は勧められません。ただし、海外に出てしまうのであれば、世間体は気にすることはありません。また、物価の安い国に移住すれば、少ない資金でも早期引退が可能です。

仕事を変えたいならタイミングを考える

仕事を変えたいと考えていても、このご時勢ですので、簡単に希望通りの仕事が見つかるとは限りません。これまで大企業の正社員として働いてきたような人なら、中小企業での正社員の仕事ならあっさり見つかる可能性は高いです。しかし、大企業から大企業への転職となると、また難しくなります。同じレベルの給料だったり、給料が下がるケースで転職を希望するということは、なにか理由があると考えられます。面接のときにしっかりと採用担当者が納得ができるような理由を話せる必要があります。中途採用では、実務経験が最も重要になります。まだ20代前半くらいの若い人ですと、社会人経験が浅いので、学歴や資格も重視されるかもしれません。それまでの仕事でどのような経験を積んできたのか、成功体験をしっかりと語れる人はうまくいきやすいでしょう。逆に、失敗体験がある場合でも、それを糧にしてプラスの成長をとげたなら評価される可能性もあります。まだ働いて3ヶ月程度という人は、最低でも1年は働いてなにかしらの成功体験を積みましょう。転職をするなら、タイミングがとても重要です。現在の職場で働きながら就職活動をして、次の仕事を見つけるというのが理想です。現在の仕事を辞めてから就職活動をしようという人は、一時的にでも無職の期間ができてしまうことに注意をしましょう。無職の期間が1ヶ月程度ならばそれほど影響はありませんが、3ヶ月以上もブランクがあると就職活動でかなり不利になります。次の仕事が決まっていないのに退職をしてしまうなんて、計画性のない人というマイナス評価をされてしまう可能性もあります。あるいは、仕事をやめざるを得ない理由があったのではないかと疑われる可能性すらあります。よほどの理由がない限りは、内定をもらうまでは現在の職場は退職しないようにしておきましょう。

仕事を長続きさせるためのストレス解消法

仕事にはストレスが必ず付きます。業務内容、その進捗、チームで取り組む上での対人関係など様々です。そこでストレス解消法をお話しします。まず、就業前や就業中に深呼吸しましょう。これだけでもかなりイライラが消えていきます。ストレスが消滅していないと仕事の失敗が出てしまったり、行動が荒くなりクライアントにも迷惑かけ信用問題に発展してしまいます。深呼吸をして気持ちを整える事でストレスが消滅します。飲み物もコーヒー等カフェインが含有しているのもいいが、ハーブティーや麦茶といったノンカフェイン飲料にすると胃腸や内臓に負担も少なく仕事がスムースに捗ります。長時間取り組み、集中させたい事なので負担の軽減がベストです。お昼ご飯も出来るだけ自分でお弁当を作るのが良いです。弁当を作る、前日のおかずの詰める行為は仕事以外の事に取り組み発散させられます。他ですが、仕事帰りのサウナはストレスを溜めない効力を発揮します。スポーツジムや銭湯、サウナ施設で過ごすのは仕事で絡むあらゆる嫌な事を忘れさせ、そして翌日のそれの取り組みへの知恵やアイデアが生まれたりします。休暇は思い切って旅行をされるのが良いです。とにかく自宅や職場の近くから離れる、それらの真逆な場所に訪れます。建物や川や緑散策、集中しているといつの間にかストレスは解消されています。行き帰りは自分での運転や交通機関の利用とさまざまですが、途中下車しての寄り道旅行も嫌な事を発散できます。仕事を長続きさせるのには時間、人、ものと色々な事が絡みストレスが蓄積されます。愚痴をこぼさずにまずは、就業中はしっかり集中し、就業後は楽しみが待っているメリハリを付けることです。